ポケモン盾剣

【最終310位、レート1749】ガラルビギニングで使用したパーティを紹介【ポケモンソード・シールド】

今回はポケモン盾剣発の公式大会「ガラルビギニング」でそこそこいい順位が取れたので、使用したパーティについて紹介していきたいと思います。ランクマッチで使っていたものを使用したので、参考にどうぞ。

戦績とレート

  • 戦績: 33勝12敗ぐらい。正確なの忘れた
  • 最高順位98位/最終順位310位
  • 最高レート1769/最終レート1749

途中までは調子良かった。プレミとかなければ、もうちょい上位に行けた。連勝したと思えばそこから3連敗したり。負けたらテンポ崩れてしまいました…。特にバタフリーに3タテされた時は萎えました。

ともあれ、数多くのプレイヤーの中でここまで戦えたし、レートとかこれまでまともにやってこなかったので、ここまで順位を伸ばせたのに満足してます。

対戦してくれた方々ありがとです。

使用パーティ

ウォッシュロトム

  • 性格: 控えめ
  • 特性: 浮遊
  • 持ち物: こだわりメガネ
  • 技: 10万ボルト/ハイドロポンプ/ボルトチェンジ/悪の波動
  • 努力値: H252C252S4

カラス、ドヒドイデなどの物理受けポケモンに強いということで採用。また、トリックではなく悪の波動を採用することで環境に多いドラパルト、ガラルサニーゴにも強く出られた。あと、電気タイプで強いのこいつしか知らなかった←

使ってみた感想だが、メガネを持つことで大抵のポケモンに負荷をかけられたし、割といろんなポケモンと戦えるので使いやすかった。それに加え、相性の悪い草タイプのポケモンが少なかったため、ドリュウズ選出相手以外には基本動きやすかった

アイアント

  • 性格: 陽気
  • 特性: はりきり
  • 持ち物: 命の玉
  • 技: アイアンヘッド/かみなりのキバ/ばかぢから/ストーンエッジ
  • 努力値:H4A252S252

ランクマッチでトップだった人が使用して一時期流行っていた害虫。試運転にて、対戦の勝利に貢献してくれていたため、採用。

しかし、 ドラパルトが多すぎたり、 ダイマックスを使用して全抜きを狙えるトゲキッスがやはり強く、余り選出されることはなかった…。ドラパルトにはダイマックス中でも上から攻撃されて殺されてしまうので、ドラパルトがいるパーティには基本お留守番。

ただ、それ以外のパーティーだと ダイマックスで大きな負荷をかけることができたり、3ダテも狙えたので、出番少なかったけど、入れといて無駄ではなかった

トゲキッス

  • 性格: 臆病
  • 特性: てんのめぐみ
  • 持ち物: 弱点保険
  • 技: 悪巧み/エアスラッシュ/火炎放射/マジカルシャイン
  • 努力値: H244C28S236

別名「白い悪魔」。ダイマックスの力を手に入れたことで環境ポケモンの1体となりました。

対策されていても、やっぱり強い。全抜きするスペックがあり、相手が下手に抜群技を打つことができず、中々倒されないので相手に負荷がかかりやすい。誰も言っていた通りトゲキッスは間違いなく入れ得ポケモン。壁なくても全然大丈夫だった。

ちなみにこいつはほぼ全試合で選出しました。相手がトゲキッス処理できるような選出してきたとしても、やはりキッスでかけられる負荷は大きかった。

努力値はこちらのツイートを参考にさせて頂きました。

ブラッキー

  • 性格: 図太い
  • 特性: シンクロ
  • 持ち物: 食べ残し
  • 技: イカサマ/願い事/欠伸/まもる
  • 努力値: H252B252D4

物理環境&格闘ポケモンがあまり見かけない環境で、余り対策がされておらず、環境にかなり刺さっていたと思う。特に環境に多いバンギラスに強く出れた。物理相手のダイマックスターンを消費することもでき、有利に立ち回ることができた。

また欠伸で起点を作り、キッスで積んで全抜きみたいな動きに繋げやすかったのは大きかった。とにかくやれることが多かった。

特性はシンクロより怯まないように精神力の方良さそう。今回は特にシンクロでも問題がなかったが、ギャラドスなどを受けるときに、滝登りでひるまされたりしたらキレそうなので…。

ドラパルト

  • 性格: 無邪気
  • 特性: クリアボディ
  • 持ち物: こだわりスカーフ
  • 技: ドラゴンアロー/とんぼ返り/大文字/シャドーダイブ
  • 努力値: H4A252S252

スカーフ最速ドラパルト。準速スカーフドラパルトよりも早く、ミラー相手でもほぼ上から攻撃をすることも可能ですが、 ダイマックスされると結局上をとれたところで倒されるだけ。後で準速ドラパルトの上をとれたところで意味ないと思った。ただ、ミラー対面で突っ走ってみたところ、意外にも突破できてしまったりして面白かった。

準速にして火力上げてもよかったのですが、砂かき最速ドリュに当たることがあって、結果的に最速スカーフにしていたのが刺さりました。

スカーフにする利点は常に上から攻撃できるところですかね。削りきれなかったポケモンを倒したりもできるし、特にどんな型のサザンドラにも有利になるのが大きい。

ドリュウズ

  • 性格: 意地っ張り
  • 特性: かたやぶり
  • 持ち物: きあいのタスキ
  • 技: 地震/アイアンヘッド/岩石封じ/剣の舞
  • 努力値: H4A252S252

ミトム、ミミッキュ、ドヒドイデ、トゲキッスなどなど、環境ポケモンにぶっ刺さりのポケモン。採用しない理由はなかった。トゲキッス吹っ飛ばせるし。ただ、カラス多くて選出率は思ったより多くなかった。

剣の舞の枠は地割れ、つのドリルでもよかったが、一撃技をそこまで使う機会がなかった、剣の舞にすることでダイウォールが使えるようになる、オーロンゲキッスの並びに強くなると言う理由があり、最終的に剣の舞になりました。

詳しいことに関しては過去に書いたものがあるので割愛します。詳しくは↓

【育成メモ】ドリュウズ育成論 結局この型が一番強い【ポケモンソード・シールド】  今回はポケモン盾剣のドリュウズ育成論ということで書いていきたいと思います。トゲキッス、オーロンゲ、ロトム系など現環境で多いポケモンに有...

このパーティーについて

なんか環境に強いポケモンをバランスよく詰め込んだ結果、このパーティーでおさまったって感じですかね。

しかし、バランスいいように見えて、実はヌオーとかトリトドンが重い。あと、トゲキッスに上手く立ち回られると全抜きされかれないです。

アイアントの枠を何がに変えればいい感じになるかも。現在はアイアントの枠にゴリランダーを採用中。

感想

キョダイダイマックス解禁されているのに関わらず、全試合通して2回しか見ませんでしたね。もっと見られると思ったのに、残念。ちなみに見たのはラプラス1回、マホイップ1回。

個人的にはカビゴンとかリザードン のキョダイマックスが強いのかと思ってましたけど、あまり使われていないあたり、そうでもなかったようです。ランクマでもキョダイマックス解禁してもいいのでは?と思ってみたり。ちなみにラプラスは噂通り強かった。

今回はほぼランクマッチやっている感覚と変わらなかったですね。いつも通りドラパルト、ミミッキュ、バンギラス 、トゲキッスを多く見かけた。ごく普通に楽しんでましたね。対戦相手も普通のガチパで、印象に残ったのはサダイジャ+ドリュの組み合わせが面白かったぐらいかな。

今回はここまででっす。