ポケモン盾剣

【育成メモ】特殊物理の両方に強い!アーマーガア育成論

今回はアーマーガアの育成論の1つを考案したので紹介します。アーマーガアを処理するために出てきたニンフィア 、ジュラルドンを返り討ちにできるように調整。特殊物理の両方に強い構築にしました。

早速本題へ。

  • 性格:慎重  
  • 特性:ミラーアーマー      
  • 持ち物: オボンのみ     
  • 努力値: H252B84D172
  • 技: 鉄壁/羽/ボディプレス/アイへ

カラス退治にくるジュラルドン、ニンフィアを意識した調整。対面ジュラルドには流石に勝てないが、鉄壁込みボディプレスでH4振りジュラルドンを確2で落とせるので、受けにきたジュラルドンを狩ることが可能。

B面も特化型と比べるとかなり柔らかいが、バンギは受けられる。物理型のポケモンは鉄壁を積むことで基本強く出られるし、そこまでBに振る必要性を感じなかった。物理特殊両方に強いのがこの構築の特徴

この構築のメリット

  • 受けにくるジュラルドンを返り討ち
  • ニンフィアに滅法強くなる。
  • 特殊面の攻撃にも耐性あり。

この構築デメリット

  • Dに回した分、Bがかなり柔らかくなったので物理面が多少心配が残る。

性格

慎重。D面で強くしたかったので確定。

特性

能力値ダウンを跳ね返せるのでミラーアーマーで確定。プレッシャー、緊張感にするとか個人的にはありえん。

努力値

H252B84D172

D: 臆病c252振りジュラルドンの10万ボルト2耐え
臆病メガネサザンの大文字確定耐え
 控えめc252ニンフィアのマジカルフレイム2耐え
B:バンギラスのエッジ炎のパンチ確定2耐え

サザンドラはおまけ。ダメージ計算は下に記述。

持ち物

オボンのみ。これにより帯持ち控えめc252ニンフィアのマジカルフレイム、控えめc252ジュラルドンの10まんボルトはきのみ込みで確2耐えできる。ニンフィア がメガネ持ちの場合、きのみ込みで超底乱数で落とされるが、基本2発耐えると考えても良い。

技構成について

鉄壁

B2段回上昇&ボディプレスの威力上昇。BをAの数値として攻撃するボディプレスでは、ビルドよりも鉄壁を採用した方が威力が上がるので、こちらを採用。

HPを回復させる。必須。説明いらん。

ボディプレス

ジュラルドン対策。それ以外でも刺さる場面が多い。

アイアンヘッド

ニンフィアをぶっ飛ばすのに加え、ゴーストタイプにも打点が欲しかったので採用。

この型だと技構成はこれで確定でよいと思っている。どの技もきれない。

ダメージ計算(被ダメ)

臆病c252振りジュラルドンの10万ボルト確定2耐え(41.9%〜49.7%)

控えめc252振りニンフィアのマジカルフレイム確定2耐え(36.0%〜42.9%)

メガネ持ち控えめc252振りニンフィアのマジカルフレイムをきのみ込みで低乱数2発3.1%(42.9%〜50.7%)

臆病c252振りメガネサザンドラの大文字確定耐え(77.0%〜91.7%)

意地っ張りA252バンギラスのエッジ、炎のパンチ確定2耐え(41.9%〜49.7%)

陽気A252ごりむちゅうダルマのフレアドライブ乱数1発56.2%(93.6%〜110.2%)

無振りドラパルトの大文字確定2耐え(35.1%〜41.9%)

トゲキッスの大文字乱数2耐え16.0%(43.7%〜52.3%)

ダメージ計算(与ダメ)

アイアンヘッド

H4振りニンフィア確2(67.8%〜80.7%)

H4振りミミッキュ確2(75.3%〜89.2%)

H4振りドラパルト乱数3発78.7%(31.0%〜37.1%)

H4振りマンムー確2(52.6%〜62.3%)

ボディプレス

H252振りバンギ確2(61.8%〜73.4%)

H4振りドリュウズ確2(54.8%〜65.5%)  

H4サザンドラ乱数2発35.5%(45.2%〜53.5%)

鉄壁1積みでダルマ(120.4%〜142.5%)

鉄壁1積みでHB252振りのんきナットレイ乱数2発44.1%(45.3%〜54.1%)

鉄壁1積みでH4ジュラルドン確2(83.5%〜98.6%)

鉄壁1積みでHB252振り腕白カビゴン乱数2発87.5%(47.9%〜56.9%)

以上です。質問等はコメ欄で。他、誹謗中傷受け付けます。